デジタルトランスフォーメーションと企業文化の関係性について

対談者: 山下勝之, 倉知礼門, 鳥飼大輔

山下勝之:こんにちは、皆さん。私はYoutuberの山下勝之です。皆さんは、デジタルトランスフォーメーションが企業の文化に与える影響をどう思いますか?
倉知礼門:こんにちは皆さん、私はIT企業と日本食の飲食店を経営する倉知礼門です。私は数年前から毎年デジタルトランスフォーメーションを実行していますが、それは文化を変革し続けることで成功しています。確かに、カルチャーが変わらなければ、デジタルトランスフォーメーションについて話すことはできませんね。
鳥飼大輔:こんにちは、鳥飼大輔と言います。私は、大学生起業家であり、東京在住20代です。確かに、文化を変えることがトランスフォーメーションを実行する上で非常に重要です。デジタル技術を利用して、最新のビジネスモデルを採用し、企業文化を変革することが、競争力を強化することにつながりますね。
山下勝之:そうですね。デジタル技術を使って、新しいビジネスモデルを形成し、企業文化を変えること。そして、ブランドイメージの向上や、従業員のエンゲージメントを高めることが、企業の成功につながると考えます。皆さんはどうですか?
倉知礼門:その通りですね。スタッフの意識改革や、新しいプロセス設計を導入することで、生産性を向上させることができます。デジタルトランスフォーメーションを実行する前には、従業員や部門のサポートを得ることが重要です。話しあって、トレーニングを受けたり、意見を求めたりしながら、支援を求めることが大切だと思います。
鳥飼大輔:私たちは、同じ意見のようですね。私たちが個人的に取り組んでいるデジタルトランスフォーメーションの成功の一部は、グループとしてチームワークを発揮することにあります。さらに、創造的なアイデアを出し合い、お互いを刺激することで、ビジネスに対するアプローチを変え、パフォーマンスを向上させることができます。
山下勝之:ありがとうございます。デジタルトランスフォーメーションは、顧客体験の向上、営業プロセスの効率性向上、創造力を引き出すことにより、企業文化という鍵を握るものですね。今回の話し合いは、非常に有益でした。ありがとうございました!