ビッグデータ分析による不正検出と防止

対談者: 伊藤雅人, 石村和男, 小木曽良

伊藤:ビッグデータ分析は不正行為を検出するために本当に役立つんだよね。不正利用のパターンを分析することで、未然に防ぐことができるんだ。
石村:そうだね。特に金融業界では不正行為が多いから、ビッグデータ分析は重要だ。ブロックチェーンと組み合わせれば、より堅固なセキュリティ対策が可能だろう。
小木曽:確かに、税務署や監査法人でもビッグデータ分析を取り入れて、不正行為を見逃さないようにしているよ。早く検出できることで、被害を最小限に食い止められるからね。
伊藤:でも、ビッグデータを使った不正検出は個人情報保護の観点からも難しい側面もあるよね。どうやってバランスを守ればいいのか気になるな。
石村:確かに、プライバシー保護は重要だ。匿名化やデータマスキングなどの技術を駆使して、個人情報を保護しつつ、不正検出を行う必要があるね。
小木曽:そうだね。技術の進化と共に、プライバシー保護とセキュリティ強化を両立させる手法もどんどん発展しているから、今後に期待したいね。