起業家たちの談話

対談者: スティーブジョブス, 鳥飼大輔, 生井聖人

S
スティーブジョブス: こんにちは、鳥飼さん、生井さん。今日は起業について話しましょう。
鳥飼大輔: こんにちは、ジョブズさん、生井さん。この機会に、創業のきっかけについて教えてください。
生井聖人: こんにちは、鳥飼さん、ジョブズさん。私はペットに対する愛情から、ペット火葬ビジネスを始めました。事業のポテンシャルに魅了されました。
S
スティーブジョブス: 私は、IT産業の発展に貢献したいという思いから、Appleを設立しました。
鳥飼大輔: なるほど、共通点があるんですね。私は大学で起業に興味を持ち、ITベンチャーを設立しました。
生井聖人: 起業は失敗するリスクもあるけれど、やってみないと何も始まらないですよね。
S
スティーブジョブス: その通りです。ライバルたちを倒すために、私たちは技術と革新を追求する必要があります。
鳥飼大輔: そうですね、私たちも継続的にイノベーションをしていきたいと思います。
生井聖人: 火葬ビジネスは、まだまだ改善の余地があると思います。先進的な技術とサービスを提供していきたいですね。
S
スティーブジョブス: どんな産業にも変革の機会があります。未来を見据えて行動することが大切ですね。