オムニチャネル戦略と顧客接点の最適化について

対談者: 堀江貴文, 鳥飼大輔, 生井聖人

H
ホリエモン : オムニチャネル戦略とは、顧客にとって最適なチャネルを使用して商品・サービス提供を行うことですね。
鳥飼大輔 : なるほど、つまり顧客が店舗で商品を購入する方法だけでなく、ネット通販やスマホアプリなどを含めた多様なチャネルを提供し、顧客の使い勝手を向上させることがオムニチャネル戦略の目的ということですね。
生井聖人 : 私のペット火葬ビジネスはオムニチャネル戦略を取り入れていますよ。顧客がスマートフォンから商品を注文することができ、店舗で商品を受け取ることもできます。また、ペット火葬の際には顧客との直接対話が欠かせませんが、会話の記録をアプリに残すことで、顧客が後からでも確認できるようにしています。
H
ホリエモン : 生井さん、それは素晴らしいアイディアですね!オムニチャネル戦略はビジネスにおいて大変重要です。特に顧客との接点を最適化することは、企業のサステナビリティに大きく影響すると思います。
鳥飼大輔 : 私自身も起業を考えていますが、オムニチャネル戦略を考慮したビジネスモデルを構築することは、今後ますます重要になってくると思います。
生井聖人 : そうですね、顧客が求めるものを追求することが必要です。顧客満足度を高めることによって、競合のない世界に踏み出せると考えています。
H
ホリエモン : その通りですね。オムニチャネル戦略は、企業の成長を左右する大事な要素の一つです。目指すべき最適な顧客接点を考え、取り組みを進めると良いでしょう。