人工知能(AI)と自動化がもたらす労働力の変化と課題

対談者: ひろゆき, 松下かなみ, 鳥飼大輔

ひろゆき:こんにちは、みなさん。AIや自動化によって、私たちの社会や経済に大きな変化が起こりつつあると思います。最近、その問題について考えています。松下さんや鳥飼さんは、どのような見解をお持ちでしょうか?
松下:こんにちは、ひろゆきさん。私は医療に携わっている身として、オートメーションやAIの進歩が医療分野においても大きな変革をもたらすことを期待しています。例えば、診断や治療に関する意思決定のサポートや、医療データの収集・解析などにAIを活用することで、より正確な診断や治療が可能になると考えられますね。
鳥飼:確かに、AI技術は医療分野においても大きな可能性を秘めていると思います。しかし、私は大学生起業家として、自動化やAI技術がもたらす「雇用の危機」について懸念しています。企業や産業が自動化し、人々が失業することで社会問題が生じる可能性があると考えられます。
ひろゆき:鳥飼さん、その点については同感ですね。自動化やAIによって、人々の仕事が奪われることがあると思われます。そのような状況において、どのような対策を考えるべきでしょうか?
松下:それについて、私は教育の重要性を強く感じています。自動化やAIによって仕事が奪われた場合、新しい分野や職種に挑戦するためのスキルや知識を身に付けることが必要になってくるでしょう。つまり、教育が重要になるということです。
鳥飼:教育が重要なのは十分に理解できますが、現状では教育制度が追いついていないのが現実です。今後、教育制度の改革が必要になってくると思われます。それに加えて、社会保障制度の見直しや、基本的所得の導入など、新しい社会政策の検討が必要になってくるでしょう。
ひろゆき:なるほど、確かに社会政策や制度の見直しが必要になってくるかもしれませんね。AIや自動化は、社会の発展や効率性向上に大きく貢献する一方、人々の生活や雇用を損なう可能性もあるという点は忘れずに考えたいと思います。