モバイル決済による現金レス社会の実現について

対談者: 大竹家嗣, 山下勝之, 小木曽良

大竹
大竹:モバイル決済の普及が進んでいる今、現金を使わずに生活することが現実的になりましたね。ところで皆さん、モバイル決済を利用する利点についてどう思いますか?
山下
山下:モバイル決済の利点としては、手間が省けることやスマホひとつで支払いが完了する便利さが挙げられますね。私は特にお店での支払いでモバイル決済をよく活用しています。
小木曽
小木曽:私は税理士として、モバイル決済が会計処理の効率化に貢献していると感じています。領収書のデータが自動的に保存されるため、帳簿作成や確定申告の手間が軽減されるんですよ。
大竹
大竹:そうですね、モバイル決済は企業にとってもメリットが多いですね。特にデータの一元化や安全性の向上につながると思います。しかし、皆さんはモバイル決済のセキュリティに不安を感じたことはありますか?
山下
山下:確かにセキュリティは重要ですね。ですが、使用するアプリやサービスに信頼性がある限り、個人情報や取引データの漏洩は少ないと思います。それに、生体認証やパスワードなどのセキュリティ機能も進化しています。
小木曽
小木曽:私も同じ意見です。セキュリティに関しては自分自身の注意も大切ですし、会社やサービス側もしっかりと対策を取っているはずです。配信業界でもモバイル決済が活用されているんですよ。例えば、視聴者が気に入った動画に寄付をするときなどに便利です。
大竹
大竹:確かに、モバイル決済は寄付や支援活動にも役立てられますね。さて、モバイル決済の普及によって現金レス社会が実現することで、社会的なメリットは何だと思いますか?
山下
山下:現金を使わないことで、犯罪のリスクが低下すると思います。また、細かいおつりの問題やお金を盗まれる心配もなくなりますね。
小木曽
小木曽:それに、モバイル決済によって支払いの記録がデジタルデータとして残ることで、調査や証拠の収集が容易になると思います。不正な取引の追及や紛争解決にも役立つでしょう。