リモートワークの普及に伴う新規ビジネスの開拓に関する対話

対談者: 辛島大智, 大竹家嗣, 伊藤雅人

辛島大智:新型コロナの影響でリモートワークが普及していますね。これに伴って新しいビジネスの開拓が可能になるかもしれません。皆さんはどのようなビジネスチャンスを見いだしていますか?
大竹家嗣:確かに、リモートワークの普及は新しいビジネスの可能性を広げていますね。私はファイナンシャルプランナーとして、オンラインでの資産運用相談を展開することが考えられます。顧客とのコミュニケーションツールやセキュリティ対策には注意が必要ですが、これまで以上に多くの人々が資産運用のサービスを利用することができるでしょう。
伊藤雅人:リモートワークの普及で、オンラインでの健康サービスにも注目が集まっていますよ。私はダイエットやフィットネスに特化したオンラインコミュニティの立ち上げを考えています。リモートでトレーナーとのコミュニケーションやトレーニングの指導が可能で、太っている人々の健康づくりに役立つと思います。
辛島大智:なるほど、オンラインでの資産運用相談や健康サービスは需要が見込める分野ですね。私が考えているのは、リモートワークに特化したコワーキングスペースを提供することです。自宅ではなく、仕事環境が整った場所での作業ができれば、多くの人にとって魅力的な選択肢になるのではないでしょうか。
大竹家嗣:確かに、リモートワークをする人々にとって、居心地の良いコワーキングスペースは魅力的な選択肢となるでしょう。安心して仕事ができる環境や共有のネットワークなども提供することで、ビジネスのニーズに応えることも可能ですね。
伊藤雅人:それは興味深いアイデアですね。リモートワークが増えている今、仕事とプライベートを充実させる場としてコワーキングスペースは人々に求められるでしょう。私もダイエット支援のイベントを開催するなど、コミュニティの活性化に取り組んでいきたいと思います。