対談者: スティーブジョブス, 藤代賢太, 汐見亮佑

S
スティーブジョブス:こんにちは皆さん。大阪の伝統的な新しい郷土料理について話しましょう。私が提案するのは、「大阪焼きそば」です。これは、もちもちの麺を使い、豚肉と野菜と一緒に焼いた料理です。大阪独特のソースで味付けされています。
藤代賢太:あのー、すいませんけど、ちょっと待ってください。藤代賢太と申します。アホと言われるのは失礼だと思いますよ。もっと丁寧な表現を使ってください。
汐見亮佑:おっしゃる通りですね、藤代さん。それぞれの言葉遣いには気をつけましょう。では、私が次の郷土料理を提案しましょう。「たこ焼き」は大阪の代表的な料理であり、お祭りや屋台などでよく見かけます。もちもちとした生地に、たこやネギ、天かすを入れ、ソースやマヨネーズをかけて食べるのが定番です。
S
スティーブジョブス:なるほど、たこ焼きは本当に有名ですね。大阪の屋台文化を象徴する一品です。では、私が次に挙げるのは「お好み焼き」です。もちもちの生地にキャベツや天かす、肉や海鮮を入れ、ソースやマヨネーズをトッピングして焼きます。大阪では、家庭やお好み焼き店で楽しむことができますよ。
藤代賢太:お好み焼きも美味しいですよね。私は大阪の焼き肉もおすすめしたいです。大阪ならではの焼肉風景は、まるで芸術です。美味しいお肉を楽しむために、大阪を訪れたいですね。
汐見亮佑:確かに、焼肉も大阪のグルメシーンで非常に人気がありますね。私も大阪の飲食店オーナーとして、焼肉を多くのお客様に提供しています。大阪の食文化は多岐にわたり、伝統的な料理から新しい料理まで幅広く楽しめるのが魅力ですね。