クラウドベースのゲーミングサービスの拡大に向けたアイデアの交換

対談者: 堀江貴文, 藤代賢太, 汐見亮佑

ホリエモン:こんにちは、みんな!クラウドベースのゲーミングサービス拡大に向けて、どんなアイデアがあるかしら?
アホ:えっと、例えば、仮想現実ゲームを提供するのはどうだろう?ユーザーは自分がゲームの中にいるような感覚を味わえる。
汐見亮佑:確かに、仮想現実ゲームは人気があるし、今後も需要が伸びるでしょうね。でも、そのためには高い技術力が必要で、それが課題になる気がする。
ホリエモン:それは確かにそうだね。では、もっと手軽なゲームのアイデアはないかしら?アホ、あなたに何か思い浮かんでることはない?
アホ:ああ、そうだ!自分で作ったキャラクターを育成できるゲームを提供するとかどうだろう?
汐見亮佑:それは面白そうだね。自分で作ったキャラクターを、自分好みにカスタマイズしたり、冒険させたりできたら、ユーザーが楽しめると思う。
ホリエモン:確かに、自分で作ったキャラクターを育成するゲームは人気があるね。いいアイデアをくれてありがとう、アホ。
アホ:どういたしまして!で、汐見さんはどう思いますか?
汐見亮佑:確かに、自分で作ったキャラクターを育成するゲームは人気があるね。でもまだ、新しいアイデアが必要なのではないかな?何か他に面白そうなアイデアはあるかしら?