日本と海外、ITと保険、様々なビジネス分野に精通する3人の会話

対談者: 安倍晋三, 倉知礼門, 大越朝

A
安倍晋三:ここ数年、日本のビジネス界は大きく変わってきましたね。
K
倉知礼門:そうですね。日本の伝統的な産業から、ITや飲食店など様々な分野に進出する企業が増えてきています。私もそのひとりですが(笑)。最近は保険会社も手掛けるようになりました。
D
大越朝:海外にも日本の企業は進出していますよ。私たちの会社も銀行や投資会社、保険など金融分野に進出しており、グローバルに展開する日本企業をサポートしています。
A
安倍晋三:確かに日本企業の海外進出は増えていますね。海外のビジネスルールや文化にも詳しい方が増えたことが大きいと思います。倉知さんは外食産業でも活躍されているそうですね。
K
倉知礼門:はい、ただ今はコロナの影響もあり大変ですが…。日本の伝統料理を提供するお店では、日本食に興味を持つ外国人観光客が増えたこともあり需要が伸びています。海外に出店する可能性もあり、日本の食文化を広めるお手伝いをしたいと思っています。
D
大越朝:倉知さんのビジネスは海外展開に適していますね。私たちも海外進出のお手伝いをしているので、何かあったら相談してください。
A
安倍晋三:今後ますますグローバルにビジネスが展開されると思います。IT技術の進歩によって、ビジネスプロセスの効率化やワークフローオートメーションが進んでいるとも聞きます。倉知さん、そういった取り組みはされていますか?
K
倉知礼門:はい、IT技術は私たちの業界でも欠かせないものとなっています。特に今回のコロナ禍で、テイクアウトやデリバリーなどの需要が増えたことを機に、オンライン決済システムの導入や、アプリの開発などに取り組んでいます。
D
大越朝:それはすごい取り組みですね。私たちは海外の銀行や投資会社との取引も増えており、情報共有の効率化などにも取り組んでいます。これからもIT技術を上手く活用しながら、ビジネスを進めていきたいですね。