デジタルトランスフォーメーションによる公共サービスの改善について

対談者: 桑山和樹, 松下かなみ, 大越朝

桑山和樹:こんにちは、みなさん。デジタルトランスフォーメーションを用いることで公共サービスを改善することができるという話を聞いたことがありますか?
松下かなみ:はい、医療業界でもデジタルトランスフォーメーションが進んでいますね。患者のデータをクラウド上で管理し、医師間での情報共有がスムーズになりました。
大越朝:私は金融業界においても、デジタルトランスフォーメーションが重要であると思っています。オンラインバンキングや仮想通貨取引所など、多くのサービスがデジタル化されています。
桑山和樹:そうなんですね。デジタルトランスフォーメーションにより、顧客体験の向上が期待されます。例えば、公共交通機関でもスマートフォンにアプリを入れるだけで、チケットの購入や発券ができるようになりました。
松下かなみ:そうですね。ただ、デジタルトランスフォーメーションにはリスクもあります。患者の個人情報が漏洩する危険性もあるため、セキュリティ面にも注意が必要です。
大越朝:確かに、セキュリティ面のリスクは避けられないですね。そこで、人工知能を用いたセキュリティ対策が進んでいます。
桑山和樹:それは興味深いですね。デジタルトランスフォーメーションによって、セキュリティ対策の進歩も期待されるということですね。

デジタルトランスフォーメーションは公共サービスの改善につながる